ラーメン起源

ラーメンは中国の麺料理を原型として、明治時代に横浜・神戸・長崎・函館などの開港地に伝わり、 大正時代ごろ(当時の名称は南京そば・支那そばなど)から日本の中華料理店や 屋台の定番メニューとして広まり発展してきたものです。
その間、約100年ほどの歴史の中で、さまざまなアレンジが加えられていき、 現在の日本のラーメンは中国に元々あった麺料理文化とは異なるり日本独特の食文化に変化している。
「ラーメン」の語源は、中国西北部に位置する蘭州の麺の一種「拉麺(l? mian ラーミェン)」 (繁体字で「拉?」、簡体字で「拉面」)という説がある。中国語の「拉」とは「引っ張る」という意味で、
拉麺は蕎麦やうどんのように刃物で切り分けて細長い形にするのではなく、 手で引っ張り伸ばして細長い麺の形を形成する手打ちの技法で作られる。
この拉麺は麺生地を延ばし何層か折りたたんで包丁で細い麺状に切る「桿麺」とともに日本のラーメンの原型となったが、 日本では各地にラーメンが広まった時期と製麺機が登場・普及した時期が近かったため、麺の手打ち職人が育つ間もなく
製麺機での製麺が一般的になった。ただしこのラーメンの拉麺語源説には異説もあり、 「老麺」という漢字表記をラーメンの項目で拉麺とともに採用している辞典もある。
老麺(ラオミェン)とは、マントウや包子を作る際に用いる。寝かせた発酵生地を酵母種として使用する中国伝統技法であるが、 中華麺はマントウのように酵母で膨らませる必要がないため、老麺法はラーメンに用いる技法ではない。
現代では名称は通常カタカナで「ラーメン」と表記されていることが多い。「中華そば」と表記されていることもあるが、
呼び方が違うだけで料理は同じものである。時代とともに南京そば→支那そば→中華そば、と日本での呼び名は変わっていき、 ラーメンという呼び方を広めたのは、昭和33年(1958年)に日清食品が発売した世界初のインスタント麺「チキンラーメン」 であると言われている。












ドアノブ交換 ドアノブ修理