凄い時代になったものだ!そのWEB戦略を練る

4年半勤めた接客業の仕事を辞めまして、インターネットの会社に転職しました。いまの仕事はこれまでに経験したことのないことばかりのITの世界です。
小さな会社のこの会社の柱はWEB集客です。インターネット集客なんて現代では普通ですよね。
前職で携わってはいませんでしたが、ホームページのSEO対策をしたりして集客に励んでいたようです。SEO対策なんて言葉は聞いたことがある程度でしたね。 いまやっと、こういうことだったんだと理解できるようになってきました。
最近ではクチコミだって口頭ではなくWEBサイトのクチコミですからね。私が言うのもおかしいですが、凄い時代になったものだと感じています。そのWEB戦略を練る、 WEB戦略で集客をしていくということで中小企業を支援していくことをしています。
この会社に入ってまず困ったこと。それは慣れないPCツールがたくさんあったことでした。いまは何とか使いこなせるようになりましたが、 そういう世界って目まぐるしいもので、使いこなせるようになるとすぐにまた新しいPCツールができたりして、PCツールの使い方には毎日悩まされました。
そして、この会社には海外にもひとつだけ支社がありまして、週に一度はWEB会議を行っています。モニターを目の前にして代表の挨拶や、売上向上の目標についてを打合せしたりします。 打合せしている相手は日本人ですけどね。現地のスタッフもいますが、数人です。海外支社にいる人は6人だけなので。
そのような近代的なかっこいい感じにも当然驚いたのですが、私が最も驚愕したのは、驚愕というか唖然としたことなのですが、チャットを使ってのやり取りです。
社員全員のパソコンにはWEBチャットがインストールされていて、何をするにもチャットで行うんですよ。特に東北の支社とのやり取りはチャットが大活躍なんです。 便利なものなのに無料で使用できるチャットなので、導入している会社は多そうですね。
無料とは言ってもかなり優れもので、どんなときでもネットさえ繋がっていればすぐ話したいことを送れますし、電話のように使うことも可能です。 そして少し時間がかかることもありますがファイルの送受信もできるので、メールでは容量オーバーな大きなファイルも送受信できる点は脱帽ですよ。
入社したばかりの時は、みんながみんなチャットでのやり取りばかりなので会話も少なく淡々と仕事が進んでいく感じに不安になりそうになりましたが、 今では私もWEBチャットで上司からの指示を受けたり、報告をしたりしています。
いまやプライベートでもWEBチャットをしたりするようになっちゃいましたけどね。友だちは意外にも結構使っていたという人が多くて、 みんなの方がチャットを使いこなしているのは悔しいですけどね。
インターネット系の会社にいるというのもちょっとだけ自慢できるようになりましたし、これからはインターネット・WEB集客方法について、 そこからの売上向上についてを学んでいくステップにきています。
インターネット業界はなかなか面白いところが多くて楽しい毎日です。ひとつひとつ覚えていくことが刺激的な毎日です。インターネット集客でお困りなら、 是非私に相談してみてください!なんちゃって。









ドアノブ交換 ドアノブ修理