社会人サークルで、人脈作り

以前私が会社の上司のお供として参加したのは、なんと社会人サークルでした!
まだ大学を卒業して間もない私は社会人サークルなんて初めてだし、とにかく失敗しないよう、めちゃめちゃ緊張!!! その日は立食パーティーだったのですが、当然料理なんて食べられません(笑) 上司が色んな方と挨拶をするのを側で見ながら、大人の世界を感じていました。
 すると上司が、「君もいずれ独立したいんだろう? 女で独立するのは大変だろうが、ここで少し人脈を作っておいた方が、後々有利だ。
ほら、あそこの人は、その世界では有名な人物だ。
俺も一緒に行ってやるから、名刺交換だけでもしておいて損はない」 そう言って、私にその人を紹介してくれました。異業種交流は、ただのパーティーじゃない。
 自分の人脈をどんどん広げていく、可能性をかけた場なんだわ!そう思った私は、さっそく戦闘開始(笑) 女性ならではの柔和な雰囲気を醸し出しながら、チラリと野心も見せておき、有力な人物と名刺交換に励みました。 こういう言い方をすると誤解されるかもしれませんが、社会人サークルの時、≪女性≫という武器は大いに利用した方がいいですね!
「この企画は、女性に任せた方がいいな。さて誰にやってもらおうか・・・」 そうなった時、もし同じ能力の女性が二人いたら、好感度の高い女性に仕事をまかせたいと思うのが人の常。 なので、仕事がしっかりできそうな印象は基本ですが、それプラス女性としての魅力が高い方が、仕事や人との出会いって増えるんですよね。
そう思って行動していた私に、上司からさらなるアドバイスが。  「せっかくの異業種交流だ。もっと違う業種の人とも交流をはかり、いろんなことを吸収しておけ」 そう言われ、社会人サークルでは積極的に行動しました。
自分の仕事に直接関係はなくても、知らない世界を知るのはとても楽しいし、相手から色んな事を教えてもらうには、 自分もそれなりに知識がないと会話が成り立ちません。  初めての社会人サークルは頭をフル回転させ、私にとってはいい刺激になりました。
以来、上司からも、機会があれば異業種交流の場に付き添わせてもらえるようになりました。 まだまだ未熟な私ですが、これからもたくさんのことを吸収し、いずれは私も『与えられる人物』になろうと、努力しています。









ドアノブ交換 ドアノブ修理