経営者様、朗報です!

昨今の不動産価格は戦後最低とまで言われる相場にまで落ち込んでいます。
しかしながら、物件事態の価格に比べて賃料の値下がりは非常に鈍く、ほとんど変動のないテナント様が数多く残っているのが現状です。車買取最近ではアメリカの不動産ローン問題にも大きく影響されましたが、ご入居されているテナントの賃料はいかがでしょうか。物価、所得、地価、株価とあらゆる景気指数が軒並み大幅下落している中、それらに見合う対価として賃料は適正に定まっていますか。
仮に自社で実際に値下げ交渉に臨むとしても不動産業を生業とされ幾多のケースを経験されている大家様との交渉は圧倒的に不利です。また、成功したとしても少々の減額にとどまったり、 次回更新に持ち越されてしまうケースが多く見られます。

そこで、多数の実績を持ち不動産業、営業代行のエキスパートを有する弊社が貴社に代わって値下げを行います。大家様との関係を悪くすることなく、成功報酬制にてご依頼を承ります。これが今回のご提案です。ぜひ下記資料をご覧になり、ご検討くださいませ。
テナント選びは金額は勿論のこと、立地・間取り・築年数・設備等の様々な条件を吟味する必要があり、空室となったテナントが即埋まるといった ことは現在の情勢では殆どありません。 10年前に月35万円で入居してもらったテナントが今では月20万円で募集しても空室のまま、新規出店やテナントの 移転が減少している現状ではよくあることです。賃料を減額しても今の借主様との契約を続行したほうが、貸主様にメリットがある場合が 殆どです。空室となった場合に設定されるであろう賃料、どれくらいの期間で次の入居者が見つかるかの見込み、貸主様の現在の収支状況や周辺状況 を精査した上で減硬交渉は行われますので、オーナー様のメリットを的確にご理解いただくことが可能です。

また多数の減額実績をもつ弊社は、貸主様の心理や状況に精通しております。客観的な資料や単純な利益構造の説明だけではなく、オーナー様の 心理状態に沿った交渉を行います。今までよりも関係の向上を図れるコミュニケーションをとるよう努力してまいります。貸主様のメリットを正確に 把握しご提案することによって、より良い関係を築きあげてゆく。弊社が行う減額交渉において何よりも重要視している部分です。

ドアノブ交換 ドアノブ修理